menu

たまごっち

90年代に流行ったゲームと言えばなんといっても代表的なのは「たまごっち」。

たまごっちというのは1996年にバンダイが発売したキーチェーンゲームで、手の平サイズの卵型のゲーム機で一口で説明するならたまごっちと言われるキャラクター育成ゲームです。

uploaded
たまごっちにエサをあげたり、掃除をしたり、遊んだりと交流を深めて、世話を忘れていると機嫌が悪くなり、最悪のケースでは死んでしまう場合もあります。また何に育つかは育て方次第でおやじっちとかにょろっちといったキャラクターに変身を遂げます。

 

ゲームといっても現在のパソコンや家庭用ゲーム機のゲームと比較してかなり簡単に操作できるのも大人から子供まで爆発的にヒットした要因だということが出来ます。




 

現代の育成ゲームの走りとも思われる存在で使用するボタンはたったの3つでコマンドの選択、決定、キャンセルと単純明快です。そして小さいからどこにでも持ち歩けるのも魅力の1つで私自身当時はまだ携帯電話も所有していなかったのですが、たまごっちはどこに行くにも手放せない存在でしたし、眠る時は枕元においていたくらいです。

 

 

それにあまりに売れすぎてたまごっちは一時期完全な品薄状態で、徹夜で並んで購入する人や、ネットオークションで高値で取引されたり、また手に入らないからこそ人気に拍車がかかったようにも見えます。

 




 

 

実は日本だけではなく、海外版も登場しましたし、その後2000年になってからかえってきたたまごっちプラスとして赤外線機能が追加して発売されました。そしてアニメ化や映画化もされたまごっちプラスカラーなんて商品も販売されています。実は私もこの存在は知らなかったですね。最初の大流行した時にアニメ化、映画化した方が良かったのでは?とは思いますがまだ今みたいに人気ゲームが即アニメ化の時代ではなかったのである意味仕方がないのかもしれません。


そして2014年からはたまごっち 4Uが発売されています。90年代の発売当初と比較するとかなりの機能が増えましたし、ゲームとしてのクオリティも高くなっています。また90年代に嵌った世代が懐かしく思い購入するという人も多いのではないでしょうか?

それでも流行になり爆発的にヒットし過ぎた商品のその後は、アレまだ続いているんだといった感覚で見てしまいます。人気の作品の続編が出るのは当たり前のことなんですが、全盛期を超えるのは難しいと言えますね。 


 

コギャルブームコギャルブーム

complexの「1990」complex「1990」

関連記事

  1. コギャルブーム

    コギャルブーム

    コギャルブーム私はそのころちょうど高校生で、ギャルが一大ブームでした。こんな…

  2. ギルガメッシュないと

    ギルガメッシュないと

    『ギルガメッシュないと』は、テレビ東京系列局で放送されていたバラエティ番組。1991年10月…

  3. Seiko Matsuda / あなたに逢いたくて ~Missing You~

    Seiko Matsuda / あなたに逢いたくて ~Missi…

    リリース: 1996年4月22日松田聖子の38枚目のシングルです。これも流行りましたね。…

  4. スピッツ/チェリー

    スピッツ/チェリー

    リリース 1996年4月10日B面 バニーガール1996年メチャ…

  5. JUDYANDMARY / そばかす

    JUDYANDMARY / そばかす

    リリース 1996年2月19日B面 ステレオ全開JUDY AND MARYの9枚…

  6. シャ乱Qブーム

    シャ乱Qブーム

    シャ乱Qブーム90年代前半はシャ乱Qが流行りましたね。シングルベッドやズルイ女の頃はかなり盛…

  7. 武富士のCMのダンスと都市伝説・・・

    武富士のCMのダンスと都市伝説・・・

    武富士のCMのダンスといえばこれですね・・・ぼぉちゅちぃまいへぇんほあぁうぉびゆ…

  8. SPEED「White love」

    SPEED「White love」

    SPEED「White love」CD発売は、1997年10月15日&nbs…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP