menu

DREAMS COME TRUE / Love Love Love

リリース 1995年7月24日

「LOVE LOVE LOVE/嵐が来る」(ラヴ・ラヴ・ラヴ/あらしがくる)は、DREAMS COME TRUEの18枚目のシングル(両A面シングル)。1995年7月24日発売
TBS系ドラマ『愛していると言ってくれ』主題歌。
この曲は懐かしいですし、1995年最大のヒットでしたね!当時を生きていた人なら知らない人はいないと言ってもいい曲ですね。

 

管理人は当時、中学3年生。部活も引退して、受験勉強を本格的に・・・という時期。

年を取った人みたいでいやだけど、当時の曲は本当に良かった、あのころは本当に良かったと思いますね。
以下、読者の方からの感想です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




私のお気に入りであり思い出の一曲はドリカムのLOVELOVELOVEです。当時、お付き合いをしていた人が無類のドリカム好きでデート中の移動の車内はいつもドリカムの曲が流れていました。

 

初めの頃は正直、ドリカムには全く興味はありませんでした。ですが、デートじゃない会社の行き帰りにも車内で流れてるのはドリカムをそのまま流していたら、いつの間にか口ずさんでいた自分がいました。それから彼女にドリカムの全てのCDを借りました。

 

そこで感じたのはドリカムの曲は歌詞が物凄くいいのを感じました。ドリカムの曲はどれもこれも気に入っているのですが、その中でもLOVELOVELOVEには思い入れもあるしエピソードもあるので今でも時々は聞いたりしています。そのエピソードとはその日は私も彼女も仕事が休みでデートの約束をしていました。




その日もいつものように彼女の自宅に車を走らせ迎えに行く途中でした。いつも通っている通りだったのですが、一瞬目を離した隙にハンドルを切り損ねて堤防に車から落ちてしまいました。後で聞いた話ですが私は暫く意識不明の状態だったそうです。その意識不明の状態から救ってくれたのは彼女であり、ドリカムの曲LOVELOVELOVEだったんです。

 

※BOAとのコラボ

全く意識がなかったのに、その曲を病院の病室でかけたら少しずつ反応していって覚醒したんだそうです。そういう経緯もありドリカムのLOVELOVELOVEは思い出の一曲でもあり忘れられない曲デもあります。残念ながらその彼女とは縁がなくお別れをしましたが、LOVELOVELOVEを聞くと思い出がよみがえります。





小田和正/ラブ・ストーリーは突然に小田和正/ラブ・ストーリーは突然に

ポケットビスケッツ/Red Angelポケットビスケッツ/Red Angel

関連記事

  1. 小田和正/ラブ・ストーリーは突然に

    小田和正/ラブ・ストーリーは突然に

    リリース 1991年2月6日以下、読者の方からの感想です。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓…

  2. Seiko Matsuda / あなたに逢いたくて ~Missing You~

    Seiko Matsuda / あなたに逢いたくて ~Missi…

    リリース: 1996年4月22日松田聖子の38枚目のシングルです。これも流行りましたね。…

  3. Class/夏の日の1993

    Class/夏の日の1993

    リリース 1993年4月21日この曲も大ヒットしましたね。懐かしいです。夏と言え…

  4. H Jungle with t「WOW WAR TONIGHT」

    H Jungle with t「WOW WAR TONIGHT」…

    H Jungle with t「WOW WAR TONIGHT」CD発売日は、1995年3月…

  5. SMAP/俺たちに明日はある

    SMAP/俺たちに明日はある

    リリース 1995年11月11日B面 この街で今も君はSMAPの19枚目のシング…

  6. CHAGE&ASKA 「YAH YAH YAH」

    CHAGE&ASKA 「YAH YAH YAH」

    CHAGE&ASKA 「YAH YAH YAH」発売は1993年3月3日。アスカもい…

  7. TMネットワーク アルバム「キャロル」

    TMネットワーク アルバム「キャロル」

    90年代を代表する歌手と言えば、TMネットワークです。TMネットワークと言えば、アラフォー世代の人で…

  8. ギルガメッシュないと

    ギルガメッシュないと

    『ギルガメッシュないと』は、テレビ東京系列局で放送されていたバラエティ番組。1991年10月…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP