menu

Class/夏の日の1993

リリース 1993年4月21日

この曲も大ヒットしましたね。

懐かしいです。夏と言えば、この曲です。でもリリースは4月です。じわじわとヒットしていきました。

以下、読者の方からの感想です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




夏をテーマにした代表曲言えばこちら。classの「夏の日の1993」その当時CMソングで流れていて、誰もが印象に残ったメロディでした。伸びやかなデュオに、特徴的な力強いイントロ、映画に出てくるような歌詞。全てが新鮮でした。

 

ドライブの時にかける曲としても定番でした。男性が女性の仕草などにドキリとする描写等、女性のハートを掴んだのも確かでした。 全く意識していなかった女性だったが、プールを水着で泳ぐ姿を見て恋に落ちる。

 

そのプールを「銀色のプール」と表現してしまうのも素晴らしかったです。夏の太陽で水面がキラキラ光る表現にこの言葉を使うあたり、ロマンチックで大好きでした。

 

恋をしたけど、僕には似合わない、そしてジェラシーまでも感じてしまう。普通、水着姿を見て恋に落ちるなんて、いやらしい感じがしますが、曲調が爽やかなので、いやらしい感じが全くしない。

 

それどころか、歌詞の言葉のチョイスが天才的なので、シーンが目に浮かんでくるのです。そして一番印象的なワードが「君に夢中」という歌詞。これは女性が憧れる言葉ですからね。

 

この辺りがヒットの要因だったと思います。ロングヒットになりましたので、夏のビーチでもよくかかっていたのを思い出します。カーラジオからも、何度もこの曲が聞こえてきました。

 

何十年後かに、カバーをする方も出ましたし、ご本人も冬バージョンを発売しています。それだけ、根強い人気があるのだと思います。

 

今でもこの曲を車の中で聞いたりします。その頃から色あせる事がなく何十年も前の曲とは思えません。飽きることのないメロディです。そして何度聞いてもドキリとする歌詞です。まさに名曲です。

 

ポケットビスケッツ/Red Angelポケットビスケッツ/Red Angel

ja1403森高千里/私がオバさんになっても

関連記事

  1. X-Japan – Forever Love

    X-Japan – Forever Love

    リリース 1996年7月8日※ライブバージョン下にあり「Forever Love…

  2. ポケットビスケッツ/Red Angel

    ポケットビスケッツ/Red Angel

    リリース 1997年1月22日「Red Angel」(レッド・エンジェル)は、1997年…

  3. スピッツ/チェリー

    スピッツ/チェリー

    リリース 1996年4月10日B面 バニーガール1996年メチャ…

  4. TUBE「夏を抱きしめて」

    TUBE「夏を抱きしめて」

    TUBE「夏を抱きしめて」夏といえばTUBEということで、90年代しつこいくらい夏に…

  5. 国武万里「ポケベルが鳴らなくて」

    国武万里「ポケベルが鳴らなくて」

    国武万里 「ポケベルが鳴らなくて」1993年7月21日発売。…

  6. THE夜もヒッパレ

    THE夜もヒッパレ

    『THE夜もヒッパレ』は、1995年4月15日から2002年9月21日まで日本テレビ系列で毎週土曜2…

  7. 黒夢/Spray

    黒夢/Spray

    リリース 1997年6月4日B面  カマキリ -1997 BURST VERSION-…

  8. シャ乱Qブーム

    シャ乱Qブーム

    シャ乱Qブーム90年代前半はシャ乱Qが流行りましたね。シングルベッドやズルイ女の頃はかなり盛…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP