menu

黒夢/少年

リリース 1997年11月19日
B面 Merry X’mas, I Love You

 

以下、読者からの感想です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





私が1990年代に衝撃を受けた曲は、黒夢の「少年」です。当時、まだ幼かった私は家族や学校が世界の全てでした。そんなとき、黒夢の「少年」に出会ったのです。
黒夢というバンド、しいてはロックというジャンルすら知らなかった私でしたが、初めてこの曲を聴いたときの衝撃は忘れられません。イントロ冒頭でアコースティックギターがロックに弾かれている時点でも驚きだったのに、そこから続くメロディーラインが最高にカッコよかったのです。

 

※めちゃくちゃカッコイイです。

最初から「優しげなこの街ではモラルという手錠が 味気ないガム噛んでる僕の腕に掛けられそう」という歌詞のセンスが、狭い世界しか知らなかった私にイナズマのような衝撃を与えてくれました。そして、清春さんのシャウト混じりの歌い方や、これでもかというほど暴れ回っている人時さんのベース。

 

カッコいいの一言でした。その時点で私も音楽をかじっていたのですが、ベースは引き立て役だというイメージを覆してくれたのもこの曲でした。重低音で暴れているベースの音に、力強くカッコいい魂の込もった清春さんの歌声は、当時の私にとって最高にロックな存在となったのです。




ラストの清春さんのシャウトは、初めて聴いたとき、本気で鳥肌が立ちました。今でもCD音源だけでなく、ライブでもこのシャウトを聴くのが楽しみになっています。
「少年」は、曲だけではなくPVも私に衝撃と影響を与えました。金髪黒メッシュで襟足の長い男性が、シルバーアクセサリーをたくさんつけてジーンズを履き、上半身裸で煙草を吸いながら歌っている。長い黒髪の男性が、髪を振り乱してベースを弾いている。視覚的にも、間違いなく衝撃でした。そのときから、私の中の「カッコいい男性」の基準は彼らになりましたし、今でもシルバーアクセサリーをつけている少し気だるげな男性が大好きです。
このように、黒夢の「少年」は、私が生きていく上での価値観をバシッと固めてくれたのです。この曲に出会わなけば、今の私はなかったと言っても過言ではありません。

こんなのも懐かしいですね。

米米CLUB/浪漫飛行米米CLUB/浪漫飛行

黒夢/Spray黒夢/Spray

関連記事

  1. Seiko Matsuda / あなたに逢いたくて ~Missing You~

    Seiko Matsuda / あなたに逢いたくて ~Missi…

    リリース: 1996年4月22日松田聖子の38枚目のシングルです。これも流行りましたね。…

  2. CHAGE&ASKA 「YAH YAH YAH」

    CHAGE&ASKA 「YAH YAH YAH」

    CHAGE&ASKA 「YAH YAH YAH」発売は1993年3月3日。アスカもい…

  3. JUDYANDMARY / そばかす

    JUDYANDMARY / そばかす

    リリース 1996年2月19日B面 ステレオ全開JUDY AND MARYの9枚…

  4. DREAMS COME TRUE / Love Love Love

    DREAMS COME TRUE / Love Love Lov…

    リリース 1995年7月24日「LOVE LOVE LOVE/嵐が来る」(ラヴ・ラヴ・ラ…

  5. PUFFY/渚にまつわるエトセトラ

    PUFFY/渚にまつわるエトセトラ

    リリース 1997年4月16日PUFFYの4枚目のシングル。1997年4月16日発売…

  6. B.B.クイーンズ「おどるポンポコリン」

    B.B.クイーンズ「おどるポンポコリン」

    B.B.クイーンズ「おどるポンポコリン」CD発売は1990年4月4日この歌も懐か…

  7. 90年代発泡酒ブーム

    90年代発泡酒ブーム

    90年代発泡酒ブーム90年代には、今では当たり前の存在の発泡酒がブームになりました。…

  8. たま「さよなら人類」

    たま「さよなら人類」

    たま「さよなら人類」CDリリースは1990年5月5日。本当に懐かしいですね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP